ETCカードの審査が甘い件の本音の口コミ

ETCカードにもなるクレジットカードは何かの支払い時に財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るのであるととても便利なカードです。

さらに、買い物時の支払いに限らず公共料金の支払いも出来ます。

カードで支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もあり目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。

ところが、クレジット指定にすると口座振替とは違い月額の割引が無くなってしまう場合もあります。
就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを持っている方はカードの解約を検討する方が多いと思います。

クレカと両方とも解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように手続きが完了するまでの期間には幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えない色付きの袋などに入れた後に燃えるゴミとして処分してください。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので毎日工夫しながら節約する事は大事ですね。

日々の節約生活の中に是非取り入れて頂きたいのが、現金なしでも買い物できる1枚です。何かを支払わなくてはいけない時はこれで済ませるとポイントが付きます。

加算されたポイントは色々な商品と交換する事が可能です。

ポイントを効率的に貯めるにはポイント還元率が良いものですべての支払いを済ませるのが一番貯まる方法です。

現金が手元に少ないときに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

例えば、買い物に行って会計する時に持ち合わせの現金が少ないこともあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば欲しい物を戻すことなく購入することが出来ます。

それに、これは支払に利用する他海外でも利用できるキャッシング機能があるので万が一現金が必要な場合はこちらを使って提携ATMから引き出すことができます。

金銭的に乏しいときに持っていると便利なETCカードの機能付きクレジットカードは数多くのカード会社があるのでどこのカード会社で申し込みすれば良いか迷うという考えの人は沢山いると思います。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方は年会費や金利などに目を向けてみる事です。

年会費がかかるのが嫌だという場合年会費は無料というETCカードにもなるクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人はキャッシング時の金利が低いカードがお勧めです。
ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】


旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの使用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになるなどスペースの制約がある「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式」の2種類があるようです。

一体式車載器のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが楽ですが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。


高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったら認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時に預けた時に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときに入れて使わない時は抜くようにしましょう。

高速道路を利用するときに便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できる点もいいですね。

2つ目は国内でも有数の知名度を誇る楽天カードです。

クレカの年会費は無料ですがETCカードには年会費が540円発生します。

年会費が気にする方もいらっしゃいますが楽天カードは基本的にポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

ETC利用で高速道路の料金割引が適用されるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作っておきたいなと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?一般レーンでの渋滞の多くが係員と直接現金をやりとりする時間からとなっており 約9割の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所の時間短縮です。

係員と直接現金などをやりとりする時間がなくなります。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると割引前料金が一般レーンで約3000円のところ、ETC割引を使うと800円になります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますがクレカの種類の中には学生専門クレカもあるくらいで社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレヒスを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

それは「給油するときにETC決済はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから知人からカードを借りてくる。

という話をよく聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

制度について簡単に書くとETC・クレカともカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確な規約違反となりカードが利用停止になる可能性を含んだ行為になります。