FX用語:レバレッジとは?

レバレッジとは梃子(てこ)のことです。
「レバレッジ」とはFX用語で、元の資金の何倍もの大きな金額の取引を行うことを意味します。
しかし、レバレッジを10倍かけたとすれば、80万円の10分の1の8万円の資金で取引ができることになります。
レバレッジは、日本で最大50倍までと決められており、レバレッジ10倍コース、50倍コースというようにあらかじめレバレッジの上限を決めて取引するように定めているFX業者もあります。
「ハイレバレジ」はFX用語で、数10倍の「レバレッジ」を意味します。
「杯レバレッジ」はFX用語で「ハイレバ」と略して使われることもあります。
自分の証拠金に対して適正なレバレッジを計算してそのレバレッジを守ることをFX用語で「レバレッジコントロール」と呼びます。