年収200万円の住宅ローン審査が通るという噂の件をまとめてみた

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるためあといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中ではおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金は一切かかりません!という広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。

しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。

中でもまだ未成年のお子さんがいる方の場合、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

第一に支払いの義務は誰にあり契約内容がどうなっているか確認しお互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。

不要になった住宅を売却しお金に変える場合、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

マイホームを現金一括で購入する。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

たいていの方は、銀行などから借金として住宅ローンを申し込むのが普通です。

支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねると支払に関する答えが多いです。

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

金利の上昇等も気になるところですしまた、何が起こるかわからないのが人生ですから途中でけがをするかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態で働けないほどの病気にかかってしまったらどうすべきでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。

ただ中には癌だと分った時点でお金が振り込まれる場合と、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。

ひと月で考えると保証内容に比べて金額も安いので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済シュミレーションなどを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが現に、25年や35年かかる方は半分程度だそうです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

決まった月に振り込まれる賞与などを返済に充てる場合には、初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

今では口コミなども簡単に調べられるので、参考にして下さい。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫またはネットバンクなどからも受け付けています。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な事は職業・勤続年数・年収などが主になります。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も審査基準の判断になりますのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申請することをおすすめします。

自分の家が欲しいと思ったとき住まいの融資に頼る人がほとんどでしょう。

参考サイト:住宅ローン審査に年収200万円で通るには?【借りられる限度額いくら?】

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なのでせっかくですから評判が良い所が良いですよね。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか従業員の接客態度、お店は清潔感があるかどうかまで細部にわたって書かれていたり、星の数で点数を表している場合もあるので良い契約条件で納得したいと思っている場合は参考になると思います。

いずれは住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうとつまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。