お灸と風邪の関係は?

風邪のひき始めについては、背中のツボを刺激すると良いと言います。ツボには、お灸と言えます。お灸をしておくことで、それで風邪ともおさらばと言えます。元々、体調が悪い人は、ちょっとした気温の変化で風邪症状が出ることが多いと思います。(汗)。日頃の体調管理については大切ですが、ひいてしまったあとは、お灸などの対策をとる事が大切です。お灸をすると、もぐさが燃えます。ですから、この薫りも癒しの効果があると言えますよね。ゆったりとした気分で、ツボも刺激することが出来ます。(笑顔)これはアロマテラピーとお灸を同時にやろうと言うことでしょう。お灸をやったことがない人は、何となく敬遠しています。(汗)しかし、慣れている人に言わせればお灸ほどの効果があるものはないと思います。(笑顔)長い歴史の中で研究されてきたお灸と言うことです。そんなことで、効果は証明されていると言えます。そう考えて良いでしょう。(笑顔)ツボを信用しない人はまだまだ多いようですね。そんな人は、西洋医学を信頼していると言えます。体の悪い所は切除してしまわなければならないと言う考えですね。東洋医学では、体には自分から直ろうとする力があります。そう出来るのだと言う考えです。(笑顔)。しかし、お灸をすえることで本当に風邪がよくなります。