ヘアマスカラはどういう仕組みで染毛できる?

みなさんは、ヘアマスカラによる染毛のしくみをご存知ですか? いわゆる「染毛」の分類に属するヘアカラーリングの中に「一時染毛料」という分野も、あるのです。
これは、ヘアカラーに代表される「永久染毛剤」とは異なっていて、一時のみ染毛するものです。
当然、時間が経てば、色は落ちてきます。
反対にいえば、時間さえ経てば元に戻るので、一時期だけ染めたいというニーズに応える形の商品です。
そんな「一時染毛料」を代表する染料は「ヘアマスカラ」なのです。
ヘアマスカラは、通常の毛髪に、着色料を塗布していきます。
つまり、単に着色料を髪の毛の表面に塗るだけなのですね。
付着させるための成分には、樹脂を用いることが多いですね。
ヘアマスカラを使用する場合の注意点は、シャンプーをするまでに、目的を達成することを前提に髪の毛を染めることなのです。
普段は、髪の毛は染めていないけど、特別な催しにお呼ばれしているので、その場に行くためだけに染めるあるいは、あまり普段会わない友達と会う等の場合に、このヘアマスカラを使用することが多いのではないでしょうか。
また、反対に普段髪を染めている人が、一時的に黒髪にしたい場合でも、ヘアマスカラは重宝されるのです。