住宅ローンの審査が甘い銀行の借り入れ前にこちらをチェック!

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。
ローン申請は、銀行等で受け付けています。
受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。
という訳で、申請をすれば必ず通る。
といった様な簡単なものではありません。
通過しなかったケースも多々あります。
基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
これから住宅ローンを組む予定のある方に、是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。
思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。
ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。
そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る銀行によって可能な任意返済も視野に入れてみましょう。
新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。
特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。
まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。
多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、どちらかが残りの返済を迫られることになります。
こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。
現在、住宅ローンを返済中の方もこれからの方も知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつく今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。
申込みをされた方は年間で約30万円の節約も可能なので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。
条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。
更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。
今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅ローン審査甘い?銀行・ノンバンクの比較【借り換えもOK】