キャッシングする際に嘘の情報を記入するとどうなる?

キャッシングの申し込みの際には氏名、住所、生年月日などの基本情報や、年収、勤務先、勤続年数などの情報を記入し、金融機関が審査を行ない問題なければキャッシングができるようになります。
その際に、個人情報を知られるのが嫌だとか、他社からの借入が沢山あるなどの理由で嘘をついてしまう方が中にはいらっしゃるようです。
確かに、個人情報を知られるのは嫌だというのはわかるますが、お金を借りるというのは信用第一ですし、基本情報の部分は免許証や住民票などの提示を求められますので嘘をつくのは難しいでしょう。
また、他社への借入を知られたくないというようなケースでも、嘘がばれた場合にはブラックリストに載ってしまいどこからも借入が一切できなくなるというようなペナルティを受ける可能性が非常に高くなりますので、嘘は絶対にいけない行為と言えるでしょう。
アコム再契約・再申込み方法は?審査通りやすい?【お金借り方】